eポートフォリオサービス

ポートフォリオPholly徹底活用術

2015.05.15

4. 現場の声から生まれたPholly

現場の声を徹底的に反映したというのは、Phollyのセールスポイントのひとつです。これまで多くのeポートフォリオツールがリリースされてきたものの、こうした汎用性の高いツールの宿命として、それぞれの教育現場にベストマッチしたものが中々ないという声がありました。

そこでPhollyは必要な機能と必要ではない機能を徹底的に精査し、現場の声に応えた結果、今の形になりました。もちろん、実際に導入する際にはそれぞれの教育現場にベストマッチしたものである必要があるので、柔軟なカスタマイズに対応できるよう設定にしているのは、言うまでもありません。

提出物を本質的、総合的に管理したい

提出物がちゃんと提出されているかどうかのチェックは、eポートフォリオが本来持っている機能です。それだけではなく、提出物が作成される至った経緯や根拠までを記録して、学生の学びを本質的に把握するのがPhollyの考え方です。

提出物を作成するにあたって参照した文献の情報を登録できるのも現場からの声を反映しました。提出物の中身について詳細に評価するために必要という声を反映し、提出物の内容を全文検索できる機能も実装しました。

学びの記録、指導の記録を積み重ねて学習傾向を知りたい

紙ベースだとどうしても難しいのが、過去の履歴情報管理です。過去にどんなレポートを提出しているのか、その時に参照した文献は何なのか、その結果どんな学習効果が得られたのか、それに対して教員はどのような指導をしたのか…。こうした情報は全てがリンクしており、過去から現在に至るまでのストーリーが存在します。

Phollyはこうした時系列での学習管理機能を強化しており、個々の学生がどのように学んできたのかが一目瞭然です。学びの見える化により、個々の学生がぶち当たっている壁や課題点などが浮き彫りになり、一人一人に対して最適な指導が可能になります。

学校生活は最初が肝心、最初に良い習慣を身につけてほしい

これまでの傾向として、学校生活で良い教養を得るには、最初が肝心であることが分かっています。1年生のうちに有効な学習習慣や教養に対する興味をうまく引き出すことで学校生活がより有意義なものとなります。

そういった習慣付けや動機付けを行うためには、学生一人一人の学習傾向や興味などを正確に把握する必要があります。そうした声を反映して、Phollyは早いうちから学習傾向や興味が簡単な操作だけで見える化される機能を実装、今すぐ指導に役立てることができます。

この記事のまとめ

学校教育の現場を最適化するために開発されたPhollyは、学生の学習行動をチェックするだけではなく、その中身や本質を把握したいという声にお応えしています。Phollyとは、学習の中身や本質を含む履歴情報や傾向の見える化などを通じて、学生にとっての4年間をより有意義なものとするための支援ツールです。

ページの上部へ戻る