eポートフォリオサービス

ポートフォリオPholly徹底活用術

2015.05.15

3. Phollyの魅力が一目でわかる 主要機能と特徴を紹介

Phollyは独自のコンセプトと、学校教育の現場を最適化するためのツールとして開発されました。最大の魅力は教育現場の声を徹底的に反映したことですが、どんな声を、どのように反映しているのでしょうか。Phollyの主要な機能と特徴を交えて解説します。

参照文献を紐付けた提出物管理で学びを総合的に把握

eポートフォリオの基本的な機能として、提出物管理がPhollyにも実装されています。これにより、レポートなどの提出漏れや作成忘れなどを防ぎます。教員側も提出物チェックという煩雑な雑務から解放され、本来の業務に専念できるというメリットがあります。

Phollyではそれをさらに発展させ、提出物を作成するにあたって参照した文献などの情報を登録可能です。提出物と参考文献情報を紐付けにすることで学びの根拠が示され、学生の学習傾向や論理的な源泉を把握できます。近年問題になっているコピーペーストを防ぐための抑止効果も期待でき、学びの質的向上に寄与します。

詳細な履歴情報で学びを点から線へ

提出物と参考文献の紐付けは、それが積み重なると詳細な学習履歴情報となります。Phollyはこうして積み重ねられた履歴情報を一元管理しているため、学生自身と教員が学びの全体像を俯瞰できるように設計されています。

最終的な目標の設定、それに対して必要なことや課題点などが明確になり、よりムダのない学びを実現します。ツール内のメッセージ機能により、手軽にコミュニケーションが可能で、授業やゼミだけではない緊密な連絡、連携を実現します。

学びの履歴をさまざまな用途に役立てる

4年間の学習成果をポートフォリオとしてまとめて就職活動に利用すれば正確な学習成果を企業に伝えることができ、また学校側も最適な進路指導に役立てることができます。

また、成功する学びには一定のパターンが存在し、Phollyではそうしたベンチマークとの比較で学びが正しい方向に進んでいるのか、順調な進捗なのかを判定できます。4年間を有意義に使って高い学習効果を得るためには最初が肝心だとされており、Phollyによって1年生のうちに課題点を洗い出して修正をすれば、より多くの学生を正しい方向に導くことができます。

この記事のまとめ

煩雑な提出物管理を省力化するだけでなく、Phollyでは学びの詳細な履歴を見える化、そしてストーリー化することで目標到達への進捗や課題点の洗い出しが早い段階から可能になります。点ではなく線による学びの管理により、学校教育の質的向上に寄与します。

ページの上部へ戻る