eポートフォリオサービス

ポートフォリオPholly徹底活用術

2015.05.15

2. Phollyは何がいいのか?学生/教員/職員 3つの目線で徹底解説

新しいコンセプトによって開発されたeポートフォリオプラットフォームPhollyは、教育に関わる三者それぞれにメリットがもたらされることを目的としています。

そのメリットについて、学生、教員、そして職員という三者それぞれの視点で解説しましょう。

(学生)24時間いつでも提出可能、自分の学習記録を一発で把握

学生にとってのメリットは、いわゆるeポートフォリオのメリットと、Phollyならではのメリットの両方に大きく分けられます。

レポートや課題など提出物を管理画面上から、24時間いつでも提出可能。もちろんタブレット端末やスマートフォンにも対応しているため、どんな環境であっても同じレベルの学習環境が得られます。また、自身が提出しているものが一目瞭然になっているため、提出漏れを防ぐことができます。

それに加えて、自身の学習履歴情報も一目瞭然なので、それをもとに自身の学びに関する足りない点や課題点なども見える化されます。同じ履歴情報を教員も閲覧可能なので、教員からきめ細かい指導を受けられるメリットがあります。

(教員)提出物管理などから解放され、個々の学生をきめ細かい指導が可能に

これまで紙ベースで行われてきた学習管理では、提出物のチェックやそのフィードバックなどが全て手作業で行われており、それが煩雑になることで指導や研究といった教員本来の業務に専念できないという問題がありました。

eポートフォリオはそれを解決するために開発されたため、Phollyはこうした雑務からの解放をひとつの目的としています。

ここまでは一般的なeポートフォリオと変わりませんが、Phollyは学生の利益情報や参照文献などを見える化しているため、個々の学生がこれまでどのような学びをしてきたのか、それによって現在はどのような状況にあるのかといった履歴情報が閲覧可能で、一人一人へのきめ細かい指導を可能にしています。

これは学校教育の現場でとてもよく聞かれたニーズなので、Pholly開発においても重点が置かれました。簡単な操作だけで学生の傾向や課題点が一目瞭然になるため、ご好評をいただいている機能です。もちろん、メッセージ機能を用いて教員と学生、または学生同士の活発なコミュニケーションにも活用できます。

(職員)雑務の省力化と正確性の向上、進路指導の情報源

職員、つまり学校サイドにとってのメリットは、大きく分けて2通りあります。
まずは、eポートフォリオが本来目的としている雑務の省力化と正確性の向上です。提出物管理や学生への伝達事項など、あらゆる学習管理が一元化されるため、漏れや認識違い、伝達ミスなどがなくなります。

また、学校サイドにとっては重要な業務である学生の進路指導についても、学びの履歴を正確に把握できるため、学生本人に対する進路指導や、就職先企業への詳細な学習履歴の提供などに威力を発揮します。就職先企業にとっても、学生の4年間をより正確に把握できるため、精度の高い選考が可能になるというメリットも考えられます。

この記事のまとめ

学生にとってはレポート提出の利便性や自己の学習履歴把握、教員にとっては雑務からの解放や学生の学びの見える化によるきめ細かい指導、そして職員には省力化や正確性の向上、さらに進路指導の精度向上など、Phollyの導入は教育に関わる三者に多大なメリットをもたらします。

ページの上部へ戻る